HP(ヒューレット・パッカード) パソコン 購入 比較
HPパソコン比較購入ガイド本サイト   サイトマップ
Google Sitemaps用XML自動生成ツール

HP ENVY6-1000レビュー/15.6インチの大型液晶搭載のUltrabook!

リンクシェアフェアで、HP ENVY6-1000が展示されていたので触ってきました。

HP ENVY6-1000レビュー

ENVY6-1000は、大型の15.6インチワイド液晶を搭載したUltrabook。このクラスの液晶を搭載したUltrabookは珍しいですね。大体は13.3インチまたは14インチを搭載しているモデルが多いんですけど。ここに敢えて。。。

★話題の人気パソコンブログランキングはこちら★

15.6インチのUltrabookを持ってきたところに、HPのやる気を感じます(Ultrabookのラインアップについては、「Ultrabookの比較」ページも参照してください)。

天板部分にはシックなブラックを採用。アルミニウム素材にヘアライン加工を施すことで、高級感のある仕上がりになっています。光沢加工されているので、指紋や汚れがちょっと気になるところです。

薄い
Ultrabookのため、本体は非常に薄い。約19.8mmしかありません。

スリム
凹凸のないフラットなデザインです。

持ってみた
重量は約2.09kg。ちょっとずしっとしますね。いつも気軽に持ち運ぶ、というわけにはいかない重さです。

HP ENVY6-1000レビュー
キーボード周辺部はシルバーのカラーリングを採用。ブラックとシルバーのツートンですごく洗練されたイメージです。

キーボード
CPUは、インテル第3世代Core i5プロセッサを搭載。メモリは標準で8GBで、ストレージは32GB SSD(mSATA接続)+500GB HDDを搭載。インテルラピッドスマートテクノロジー(ISRT)を活用することで、SSDの高速アクセスとHDDの大容量という両方の特性を利用することができます。この結果、SSDにキャッシュデータをため込むことで迅速性が向上します。

またスリープモードから約2秒で復帰できるため、使いたいときにすぐ使え、フラストレーションがたまりません。

HP ENVY6-1000キーボード
キーボードは、個々のキーが独立したセパレートタイプを採用。


入力操作
キーピッチは十分な幅が確保されており、打ちやすかったです。

キー

キー配置
本体が非常に薄いため、キーストロークはちょっと浅め。

タッチパッド
タッチパッド部分は、クリックボタンとタッチパッドが一体となっています。Ultrabookは薄さ重視のため、独立した形でクリックボタンを配置するのが難しいのでしょうか、ほとんどのUltrabookがこのタイプのタッチパッドを搭載しています。個人的には、クリックボタンが別になったタイプが好きなのですが。。。

HP ENVY6-1000スピーカー
キーボードの奥にスピーカーが配置されています。

Beats Audio
ENVYシリーズの代名詞である、優れたサウンドを再生できるようにするためのBeats Audioテクノロジーも搭載しています。薄さ重視のUltrabookでもサウンドにこだわっているというのはグッドです。

液晶
液晶は15.6インチの光沢パネルを採用。すごくクリアな映像でした。最大解像度は1366×768ドット。せっかくの15.6インチ液晶なのだから、もう一回り大きな1920×1080ドットの解像度を実現してもらいたかったという気がします。そうすれば表示領域が増えて、作業効率をアップできるのですけどね。

左側面部
左側面部。写真左から順にLAN端子、HDMI端子、USB 3.0×2、メディアリーダーが配置されています。この薄さで、有線LAN端子を配置しているのは立派!セキュリティの関係上、無線LANを使用できないところもあるので、有線LANがあると便利なんですよね。

前面
前面部。特に端子類は配置されていません。

「ついにでた!デカ薄ウルトラ!」というキャッチコピーがなかなかいけてますね。

右側面部
右側面部。写真左からマイク端子、ヘッドホン端子、USB 2.0端子、電源コネクタが配置されています。

Ultrabookとしては、搭載されている端子類は十分だと思います。ただ、15.6インチノートということであれば、光学ドライブを搭載してもらえると、より使い勝手がアップして良かったかな。。。

底面部
底面部。継ぎ目のない仕様になっており、筐体内部にはアクセスできません。したがって、バッテリも自分では交換できません。

バッテリ駆動時間は約8時間。外に持ち出しても、バッテリ残量を気にする必要はなさそうです。

Windowsエクスペリエンスインデックスの値
パフォーマンスを計測するため、Windowsエクスペリエンスインデックスの値をチェックしてみました(最高スコアは7.9)。全体的にバランスよくスコアを出しているのがわかります。グラフィックスはチップセット内蔵タイプしか利用できないので、動画の編集やゲームなど、高いグラフィック性能を必要とする作業には向きませんが、一般的なタスク(ネット、メール、ビジネスアプリ)であれば、ストレスなく作業できるレベルだと思います。

HP ENVY6-1000レビュー
以上、HPのUltrabook ENVY6-1000を触ってみた感想でした。

まとめると次のようになります。

・15.6インチの大型液晶を搭載したUltrabook
・インテルCore i5プロセッサ+8GBメモリで高いパフォーマンスを発揮
・ブラックを基調とした美しいデザイン
・ウルトラブックとしては端子類が豊富など機能性に優れる
・サウンド機能が充実

持ち運んで使うというよりは、家の中で使うことを想定したENVY6-1000。デスクトップ大体マシンとして、いつでもどこでも即座にパソコンを使いたい人にお勧めです。

*詳しくは、ENVY6-1000製品情報 icon(HP公式ページ)を参照してください。

icon icon

【HPを激安/格安で購入する方法】
Eメール配信サービスに登録して、最新のキャンペーン情報を入手する
キャンペーン情報をチェックする
適切な構成にカスタマイズする
いろいろなパッケージを試算する
購入するタイミングを見極める
旧モデルをチェックする
HPアウトレットで購入する

【HPパソコンのお得なキャンペーン情報をチェック!】(HPサイトにジャンプします)
HP最新キャンペーン icon

  • 2012.07.05 Thursday
  • ENVY